Tech Blog - Akihiro Suzuki

自作キーボードCorne Cherryのビルドログ

March 25, 2022

キーボード

電子工作まったくの初心者ですが、今回キーボードの自作に挑戦してみました。💪

私も最初こそ身構えていましたが、今回購入した Corne Cherry のキットははんだ付けいらずでとても簡単に組み立てることが出来ました。

半田付けのいらない42キー スプリットキーボードキット

キースイッチキーキャップは同梱されていないので、好みのものを選んで購入しましょう。

ただし、基盤には MX 用のソケットが付いているため、必然的にキースイッチは MX のものを選ぶことになります。

私は、Tealio V2 というキースイッチを購入しました。

遊舎工房 Tealio V2 スイッチ

その他に用意する物はネジを留めるためのドライバーくらいで、必要なものは全てキットに同梱されています!

いざ、組み立て

キーボードパーツ

必要なものが揃ったら、Corne Cherry のビルドガイドに従って組み立てていきます。💪

既にソケット化されているので、基板にキースイッチを嵌め込んでいくだけで OK!

キーボード組み立て

ファームウェア書き込み

キー配列を自由に決めれるのが自作キーボードの醍醐味ですよね

GitHub の qmk/qmk_firmware を fork しておきます。

ローカルに clone したら試しに、既に用意されている default の keymap を compile してみます。

qmk compile -kb crkbd -km default

すると、.build/crkbd_rev1_default.hex が生成されます。

こちらにガイドがあるので、参考にしながら QMK Toolbox をダウンロードして、ファームウェアの書き込みを行っていきます。(hex ファイルを開くと QMK Toolbox が自動で立ち上がってくれます。)

オリジナルの Keymap を作成

qmk_firmware の公式ドキュメントに従って、独自の Keymap を作っていきます。

qmk new-keymap -kb crkbd

GitHub のユーザー名のディレクトリとその配下にいくつかの設定ファイルが作成されます。

keymap.c を編集してオリジナルのキーマップを作成していきます。

キーコード一覧は以下

編集が終わったら compile します。

qmk compile -kb crkbd -km <github_username>

compile が終わると、ディレクトリ直下に hex ファイルが出力されます。

Corne Cherry の場合、次のようなファイル名で出力されます。 crkbd_rev1_<github_username>.hex

Compile が成功したら、先ほど行ったように QMK Toolbox を使って、ファーウェアの書き込みを行えば完了です。 🎉

ちなみに、私の Keymap は以下です。

const uint16_t PROGMEM keymaps[][MATRIX_ROWS][MATRIX_COLS] = {
  [0] = LAYOUT_split_3x6_3(
  //,-----------------------------------------------------.                    ,-----------------------------------------------------.
       KC_TAB,    KC_Q,    KC_W,    KC_E,    KC_R,    KC_T,                         KC_Y,    KC_U,    KC_I,    KC_O,   KC_P,   KC_GRV,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------|                    |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
      KC_LCTL,    KC_A,    KC_S,    KC_D,    KC_F,    KC_G,                         KC_H,    KC_J,    KC_K,    KC_L, KC_SCLN, KC_QUOT,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------|                    |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
      KC_LSFT,    KC_Z,    KC_X,    KC_C,    KC_V,    KC_B,                         KC_N,    KC_M, KC_LBRC, KC_RBRC, KC_SLSH, KC_RSFT,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------|  |--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------|
                                          KC_LCMD,   MO(1),  KC_SPC,     KC_ENT,   MO(2), KC_RCMD
                                      //`--------------------------'  `--------------------------'
  ),

  [1] = LAYOUT_split_3x6_3(
  //,-----------------------------------------------------.                    ,-----------------------------------------------------.
       KC_ESC,    KC_1,    KC_2,    KC_3,    KC_4,    KC_5,                      KC_LPRN, KC_RPRN, KC_MINS,  KC_EQL, KC_BSLS, KC_BSPC,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------|                    |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
      KC_LCTL,    KC_6,    KC_7,    KC_8,    KC_9,    KC_0,                      KC_LEFT, KC_DOWN,   KC_UP,KC_RIGHT, KC_PERC, KC_CIRCUMFLEX,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------|                    |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
      KC_LSFT, XXXXXXX, XXXXXXX, XXXXXXX, XXXXXXX, XXXXXXX,                      XXXXXXX, XXXXXXX, KC_COMM,  KC_DOT, XXXXXXX, KC_RSFT,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------|  |--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------|
                                          KC_LCMD, _______,  KC_SPC,     KC_ENT,   MO(3), KC_RCMD
                                      //`--------------------------'  `--------------------------'
  ),

  [2] = LAYOUT_split_3x6_3(
  //,-----------------------------------------------------.                    ,-----------------------------------------------------.
       KC_ESC, XXXXXXX, XXXXXXX, KC_PEQL, XXXXXXX, XXXXXXX,                      XXXXXXX, KC_UNDS, KC_EXLM, KC_QUES, KC_PERC, KC_MINS,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------|                    |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
      KC_LCTL,   KC_AT, XXXXXXX,  KC_DLR, XXXXXXX, XXXXXXX,                      KC_HASH, XXXXXXX, XXXXXXX, KC_PLUS, XXXXXXX, XXXXXXX,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------|                    |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
      KC_LSFT, XXXXXXX, KC_ASTR, KC_COLN, XXXXXXX, XXXXXXX,                      KC_AMPR, KC_PMNS, XXXXXXX, XXXXXXX, XXXXXXX, KC_RSFT,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------|  |--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------|
                                          KC_LCMD,   MO(3),  KC_SPC,     KC_ENT, _______, KC_RCMD
                                      //`--------------------------'  `--------------------------'
  ),

  [3] = LAYOUT_split_3x6_3(
  //,-----------------------------------------------------.                    ,-----------------------------------------------------.
       KC_PWR,   KC_F1,   KC_F2,   KC_F3,   KC_F4,   KC_F5,                        KC_F6,   KC_F7,   KC_F8,   KC_F9,  KC_F10,   RESET,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------|                    |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
      RGB_TOG,RGB_RMOD, RGB_HUI, RGB_SAI, RGB_VAI, XXXXXXX,                      XXXXXXX, KC_KB_VOLUME_DOWN, KC_KB_VOLUME_UP, XXXXXXX,  KC_F11,  KC_F12,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------|                    |--------+--------+--------+--------+--------+--------|
      XXXXXXX, RGB_MOD, RGB_HUD, RGB_SAD, RGB_VAD, XXXXXXX,                      XXXXXXX, KC_KB_MUTE, XXXXXXX, XXXXXXX, XXXXXXX, KC_RALT,
  //|--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------|  |--------+--------+--------+--------+--------+--------+--------|
                                          KC_LCMD, _______,  KC_SPC,     KC_ENT, _______, KC_RCMD
                                      //`--------------------------'  `--------------------------'
  )
};

作ってみて

やはり、自分でキー配列を定義出来るので、特に記号の場所などは覚えやすいです。

しかし、分かってはいましたが、なかなか慣れません。タイピングがだいぶおぼつかない 笑

あと、、、LED、付けたい❕❕ 俺のキーボードも光らせたい❕❕❕


profile

鈴木 章弘 (Suzuki Akihiro)
バックエンドエンジニア(TypeScript & マイクロサービス)
profile